記事の詳細




アサルトライフル

HVK-30

近距離・中距離・遠距離でも対応できる為
ポジション的には、中距離的な位置取りがベスト

ついつい突撃してしまうかたは、要注意です。
1歩離れて戦いましょう。
また、離れすぎるとスナイパーライフルやライトマシンガンに負ける可能性大

近からず、遠からず・・・中距離を頭にいれておきましょう。

アタッチメントは、ご自身のエイム力がどの程度かで変わります。

エイムは大丈夫と自信のある方は、FMJ・大口径
エイムに自信のない方は、拡張マガジン・グリップ

中距離での立ち回りは、裏取りされる可能性があるので
後ろにも注意が必要となります。

 

KN-44

サイト ⇒ ELO

アタッチメント ⇒ ロングバレル・グリップ

KN-44 は、火力に優れ扱いやすい銃です
近距離が強い銃なので、ロングバレル・グリップで中距離にも対応させる

リコイルは横ブレなので・グリップは必須

 

XR-2

サイト ⇒ ELO

アタッチメント ⇒ レーザー・ストック

火力をアップさせる
Sheiva ならロングバレル・大口径ですが
XR-2は、ロングバレル・ラピッドF

使いやすく、あらゆる戦闘シーンに対応させるなら
レーザー・ストック

 

最強?HVK-30+ランチャー

サプレッサー・レーザー・グリップ
早業・スカベンジャー・サイレンス

撃ちまくって、サプレッサーでミニマップに
表示されないようごまかしていきながら、
弾減りをスカベンジャーで補っていくといった感じです

HVK-30とサプレッサーで近距離でバンバンキルを上げていく
ストレス解消には、もってこいの組み合わせですね
腰撃ちで弾数を気にせず打ち込めます

 

HVK-30は、サブマシンガンよりの銃なので
グリップ・ストックが、とても使い勝手が良いアタッチメント
サイトが見にくい方は、リフレックス

第六感・早業・Hワイヤー・サイレンス

クイック・ストックでもいいかなと言う感じですが
リコイル(反動)が気になる方は、グリップ・ストック

一番無難な組み合わせがグリップ・ストックですが
HVK-30は、アタッチメントどおりの性能が出るので
いろいろな組み合わせで楽しめる銃です。

どとらかと言うと近距離向きの銃なので
サプレッサーを付けても特に問題はない
大口径を付ければ、頭出しヘッドショットに有効

 

ICR-1

アタッチメント ⇒ グリップ・ストック・クイック

ICR-1は、威力は低いが、リコイルは少ない
長所を伸ばす、グリップ・ストック・クイックが定番

弾をよく使う銃なので、
拡張マガジンもしくはスカベンジャー

 

Man-O-War

アタッチメント ⇒ ロングバレル・ストック・グリップ

Man-O-Warは、低レイトで高威力
リロードが遅い欠点はありますが
1発の威力が大きく3発キルの距離が40mほどある。
それをさらに伸ばすためのロングバレル
欠点を補うためなら、ファストマグ・クイック
低レイトを補うためならラピッドFなど
いろいろなバリエーションがある

サプレッサーだけは、相性が悪そうです。

 

Sheiva

サイト ⇒ ELO

アタッチメント ⇒ ストック・レーザー

Sheiva は、火力に優れ2発キルできる銃
レーザーサイトを付けることで腰だめ性能が大きく向上

 

 

M8A7

サイト ⇒ ELO

アタッチメント ⇒ ストック・ラピッドF

M8A7は、ストック・ラピッドFがおすすめですが
クイック・ストックでもいい

腰だめが弱いので、ADSは必須

 

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

関連記事

ページ上部へ戻る