記事の詳細




KN-44(アサルトライフル)

KN-44

射撃方式 ⇒ フルオート
弾数 ⇒ 30/90(拡張マガジン装着時 ⇒ 42/164)
射程 ⇒ 3発:18m
リロード時間(sec) ⇒ 2.0秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.4秒

フルオート優れた連射速度を誇り反動も小さい
近距離での威力が高く、Kuda等のサブマシンガンに対抗できる
反動が横ぶれの為、グリップ装着もしくはタップ撃ち

サイト ⇒ ELO

アタッチメント ⇒ ロングバレル・グリップ

第六感・Hワイヤー・早業・サイレンス

もともと近距離が強いので、
ロングバレルで中距離も安定させる
また、横ブレがあるので、グリップで軽減させる

遠距離出したいのであれば、ロングバレル・グリップ・大口径
近距離を強くしたいのであれば、クイック・レーザー

戦闘スタイルにより柔軟に使い分けることが出来る。
扱いやすい銃です。

 

XR-2(アサルトライフル)

XR-2

射撃方式 ⇒ オート3点バースト
弾数 ⇒ 30/90(拡張マガジン装着時 ⇒ 42/168)
射程 ⇒ 3発:38m
リロード時間(sec) ⇒ 2.0秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.4秒

オート3点バースト可能トリガーを引き続けると
自動的にバーストサイクルを行う
最大威力射程外ではキルタイムが大きく落ちる

サイト ⇒ リフレックス

アタッチメント ⇒ レーザー・ストック

第六・Hワイヤー・早業・サイレンス

敵にあてやすくし使いやすさを求めるなら
ストック・レーザー
火力を上げるなら、ロングバレル・ラピットFだが
3点バーストなので、様々な戦闘シーンで安定する組み合わせが
ストック・レーザーではないだろうか

 

HVK-30(アサルトライフル)

HVK-30

射撃方式 ⇒ オート3点バースト
弾数 ⇒ 30/90(拡張マガジン装着時 ⇒ 42/126)
射程 ⇒ 4発:50m
リロード時間(sec) ⇒ 2.0秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.4秒

フルオートクラス最高の連射速度
横ぶれが少なく制御しやすい。
中距離で安定した性能を持ち近距離戦もこなす。
サブマシンガン寄りのウェポン

サイト ⇒ リフレックス

アタッチメント ⇒ グリップ・ストック

第六感・Hワイヤー・早業・サイレンス

HVK-30は、高レイトで上方向のリコイル
全体的に、サブマシンガンよりのアサルトライフル

リコイルが上方向にあるのでグリップで抑える
サイトが見にくい為、リフレックス

クイック・ストックでもいいですが
リコイルが気になる方はグリップ

上記は無難な組み合わせで
アタッチメントは戦闘スタイルによって組み合わせ度は高い

 

ICR-1(アサルトライフル)

ICR-1

射撃方式 ⇒ オート3点バースト
弾数 ⇒ 30/90(拡張マガジン装着時 ⇒ 42/126)
射程 ⇒ 4発:50m
リロード時間(sec) ⇒ 2.0秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.4秒

フルオートのアサルトライフルで威力は低いが反動は非常に小さい
しかも、グリップを付けるとほとんどぶれない。

アタッチメント ⇒ クイック・ストック

第六感・Hワイヤー・スカベンジャー・サイレンス

ICR-1は、威力が高くなく、リコイルは少ない
長所を伸ばす、敵にあてやすい構成がベター

クイック・ストック・グリップがおすすめ
弾をよく使う銃なので、スカベンジャー
拡張マガジンを使うならスカベンジャーのほうがおすすめですが
PERK構成にもよるのでどちらかは付けておきたい。

 

Man-O-War(アサルトライフル)

Man-O-War

射撃方式 ⇒ オート3点バースト
弾数 ⇒ 30/90(拡張マガジン装着時 ⇒ 42/126)
射程 ⇒ 3発:38m
リロード時間(sec) ⇒ 2.2秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.6秒

フルオートの連射速度は低く反動も大きいが威力が高い
ADS速度が遅い為、早業及びクイックがおすすめ
自分好みにカスタマイズしやすい。

Man-O-War +ランチャー

アタッチメント ⇒ グリップ・クイック

第六感・Hワイヤー・早業・サイレンス

Man-O-Warは、低レイトで高威力
リロードが遅い欠点もあるが
長所と言えば、1発に威力があるところ
3発キル出来る距離が40mはあるので
さらに、ロングバレルで伸ばすのもいい

アタッチメント選択の幅が広いので
戦闘スタイルによって面白い銃のひとつ

欠点を補うなら、ファストマグ・クイック
長所を伸ばすロングバレル
低レイトを補うならラピットF

リコイルは上方向にはねるのでグリップは必要だが
なくてもなんとかなります。

早業・クイックで取り回しがかなり改善する。

大口径を付けると1.5倍になるので
近距離なら2発キル、遠距離でも1発少なくなる
また、頭出し抜きにくい銃ですが、
大口径つけることで抜きやすくなる

接近戦向きではなく中距離を意識した立ち回りが無難

 

Sheiva(アサルトライフル)

Sheiva

射撃方式 ⇒ セミオート
弾数 ⇒ 20/60(拡張マガジン装着時 ⇒ 28/84)
射程 ⇒ 2発:50m
リロード時間(sec) ⇒ 2.2秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.6秒

セミオート/マークスマン敵を2発で仕留められる
貫通力がライトマシンガンと同等で高めに設定されている。
ラピッドF装備で距離を問わず強力なウェポン

サイト ⇒ リフレックス

アタッチメント ⇒ レーザー・ストック

第六感・Hワイヤー・アウェアネス・サイレンス

Sheivaは、2発キルができるアサルトライフル
アタッチメントは欠点を補うのか
利点を伸ばすのかによって変わりますが
欠点を補う構成がおすすめです。

レーザー・ストックで取り回しの悪さをカバーする
ADSをしながら動く感じがよりベターなので
クイックよりはストックが無難
また、近距離の性能は悪いので近距離戦は避けるべきだが
Sheivaの腰だめのサイズは小さめなので、
レーザーサイトで腰撃ちにも対応させる

 

M8A7(アサルトライフル)

M8A7

射撃方式 ⇒ 4点バースト
弾数 ⇒ 32/96(拡張マガジン装着時 ⇒ 44/132)
射程 ⇒ 4発:38m
リロード時間(sec) ⇒ 2.0秒  ファストマグ装着時 ⇒ 1.4秒

4点バースト可能バーストサイクル速度に優れ反動が非常に小さい

アタッチメント ⇒ クイック・ストック

第六感・スカベンジャー・サイレンス

M8A7は、腰だめが弱いのでクイックでADSがベター
近距離戦は難しい銃
リコイルは上方向、グリップを付けるほどでもない。
大口径との相性はいい

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

関連記事

ページ上部へ戻る